【業界再編】カカクコム・フィナンシャルがサクソバンクFX証券に一部事業譲渡

【オリジナル配信】

本日カカクコム・フィナンシャルサクソバンクFX証券が両社間のFXに関する一部事業譲渡について発表があった。

日本のFX業界再編は激しく進み、業者間競争が多様性を増しながら激化している。そんな中、各業者はベスト・ソリューションを求め、さらなる先行投資をして先手を打つか、下手にリスクを取らずにこのまま守備態勢を敷き様子を見るか、もしくは早い段階で経営損益を確定させ退場するか等、それぞれの判断を下すわけだが、経営陣にとって決断のタイミングこそが、腕の見せどころである。ロスカットにしても、トレーダーにとって肝心なのは“どのタイミングで退場するか”である。

業界再編はまだまだ終わらないそうで、いくら一般顧客に手間がかかるような手続きがほとんどないとは言え、トレーダーとしてリスクが高い商品と付き合う以上、常日ごろから意識して業界動向に気を配るべき事はリスク管理の一つとも言える。

Advertisement