KCGグループ、Hotspotの5月日次平均取引高259億ドルで横ばい

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

KCG KCGグループは、電子FX取引のKCG Hotspot部門の5月実績が他社とほぼ一致しており、3%弱増加し、日次平均259億ドルであった事を発表した。FX業界全体で落ち込みをみせた4月を終え、先週のECBのプレスカンファレンスや、UKの金利引き上げの話題により6月は有望な結果が期待できる。

 KCGのグローバル執行サービス以外については、KCGのBondPointは債券取引で日次平均1,307億ドルを記録した。

 USエクイティ取引高は、2,279億ドル、日次平均取引量は58億株であった。同社のリリース内容によると、5月のS&P500のボラティリティは8.3であった。

KCG_Hotspot_May_2014

KCG Hotspot Volumes, May 2014

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement