eToro社とIronFX社、UK部門を増強

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 ソーシャルトレーディングブローカーのeToro社は、UK部門のオペレーション拡大に踏み込んでいる。先月、eToro UK社のディレクターにPaul Chrimes氏を任命し、最新の財務報告書では資本金を654ポンドから1,116,001ポンドに増資した事が発表された。また、390,000の株式割当を行い、より広範な株式構造の第一歩を歩みだした。同社に取材をしたところ、同社は誰に株式を割り当てたのかや今後のプランについてコメントを控えた。また、増資については、グループ内で資金が動くときはオペレーション確立の為であるのがスタンダードで、今回はUKオペレーション確立に注力しているとコメントした。しかし、私達が今回の増資がUKでのさらなるオペレーション拡大の為、FCAの資本要件を満たす事を示しているのかについて聞くと回答はなかった。

IronFX社、ロンドンに2つ目の新オフィス開設

IronFX Global Bevis Marks Office Opening

IronFX社べビス・マークス支店開設

 またキプロスのIronFX社が先週新たなロンドン支店を開設した事を発表した。同社によると、この新オフィスは120人もの従業員を抱える予定で、Copthalアベニューに位置する既存のロンドン支店を協力してオペレーションを行う予定である。UKでのオペレーション拡大は、IronFX社が最近UK店の資本を250,000ポンドに増資した事を発表した。またグローバルCOOのDimitrios Hatzis氏をロンドンオペレーションのディレクターに任命した。

 同支店は、IronFX社グローバル会長兼CEOのMarkos Kashiouris氏によって指揮が執られる。IronFX社は、この2年間で南米、中国、オーストラリア、ロシア等の各国に拠点を積極的に開設してきた。ロンドン支部については、当初駐在オフィスとして立ち上げられたが、FCAのライセンスを取得してから、UKでのマーケティングとオペレーションを拡大できるようになった。

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement