注目記事:『FX』vs『バイナリーオプション』トレーダーのデータ分析比較

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

optimove-logo リテンション・オートメーションプラットフォームを開発するOptimove社は、バイナリーオプションとFXトレーダーの違いについて独自レポートを発表した。フォレックス・マグネイトはOptimove社のデータマイニングのエキスパートとiFXEXPO International2014で、ブローカーがマーケットについてより理解を深める為に役立つ分析について話をした。

 Optimove社が発表したこのレポートは、FXとバイナリー界の数十のブローカーのデータ調査に基づいて作成された。この指揮を執ったのが同社CEOのPini Yakuel氏で、彼は分析ベースの顧客マーケティングにおいて十数年もの経験がある。同社は、これらのインサイトがブローカーの顧客リテンション戦略向上や参入すべきでないマーケットを決断するのにも役立つものと考える。

 最も興味深い結果は、FXのリードがバイナリーオプションのリードよりもコンバージョンが低い事である。FXトレーダーのライフタイム・バリューが高い一方、バイナリーオプションブローカーは、高いコンバージョンレート、取引頻度の高さを享受し、入金額上位10%の僅かなVIPトレーダーにあまり依存していない。

分析結果

  • コンバージョン率(登録から初回入金):バイナリーオプショントレーダーのコンバージョン率はFXトレーダーよりも34%高い。
  • 2回目の入金率:初回入金を行ったFXトレーダーは、バイナリーオプショントレーダーよりも2回目の入金をする率が14%高い。(FXトレーダー39%、バイナリーオプショントレーダー34%)
  • 取引頻度:バイナリーオプションのアクティブトレーダーは、FXトレーダーよりも取引頻度が30%高い。(バイナリーオプショントレーダー、平均3.3日に一回の取引に対し、FXトレーダーは4.3日に一回)
  • 残存率:FXトレーダーは初回入金後6ヵ月間アクティブトレーダーでいる率が、バイナリーオプショントレーダーよりも154%高い。
  • 顧客ライフタイムバリュー:FXトレーダーのライフタイムバリューは、バイナリーオプショントレーダーより11%高い。この結果は、顧客のポテンシャルを最もよく示している。
  • VIP顧客の割合:FXトレーダーの預金額上位10%の総預金額に対するシェア(80%)は、バイナリーオプショントレーダーのそのシェア(62%)よりも29%高い。

 このFXとバイナリーの違いは驚くべき事ではなく、バイナリーオプションはビギナートレーダーにとって入りやすいフィールドである事から、デモトレーダーからリアルトレーダーへのコンバージョン率が高いという結果も理にかなう。FXトレーダーは、その習得の難しさや時間がかかる事から、取引をより長く続ける。彼らは、レバレッジや取引スキルのさらなる向上に強い関心を持っている。

A_ForexVsBinary_infog_Large_fixed

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement