東京金融取引所、くりっく365前月比10%減、前年比では全通貨ペア大幅減少

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

TFX_logo 東京金融取引所(TFX)は、5月の取引高を発表した。5月のくりっく365取引高1,879,665枚で前月比10%減少、前年同月比では66.2%減少、一日平均では85,440枚で、前月から挽回を見せる事は出来なかった。

 FXのボラティリティの弱さが続いている為、取引高の衰退は驚くべき事ではない。ゆっくりではあるが再び回復を見せているが、まだ十分ではない。

EUR/USD、EUR/JPYが前月比増加

 ユーロの取引は唯一良い結果を出しており、EUR/JPYは前月比15%増加の237,270枚(4月:206,340枚)。EUR/USDは40.3%増加し、54,088枚であった(4月:38,533枚)。

 全ての主要通貨ペアは、前年比で減少を見せ、EUR/USDは-46.8%、USD/JPYは-78.3%、GBP/USDは-50%であった。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement