GFT社、資本要件違反でCFTCより20万ドルの罰金を言い渡される

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

cftc-1 米国CFTCのプレスリリースによると、GFT社が2010年12月から2012年11月までの間、FCM(先物取引業者)とRFED(リテールFXディーラー)としての最低財務要件の準拠を怠ったとしてCFTCが命令を下した。

 CFTCがGFT社が調整後純資本要件を満たしていなかったと確定した上記期間後、GFTはゲイン・キャピタル社に買収された。19日、CFTCはGFT社に対して200,000ドルの民事制裁金の支払いと停止命令を言い渡した。

 調整後純資本(ANC)は100万ドルと同等かそれ以上もしくは様々なヘアカットに対して計算される。さらに、GFT社がRFEDであった当該期間以降、この規制は、RFEDが2,000万ドルに加え1,000万ドルを上回る合計リテールFX預かり資産の5%を常に維持する事を必要としている。

GFT CFTCのプレスリリースでは、GFT社のRFEDとしての要件がほぼ2,400万ドルであったが、当該期間中の複数月で同社は資本要件を満たしていなかったという。

 GFT社に対する200,000ドルの罰金命令ではCFTCが罰金命令を言い渡した19日から10日以内に支払わなければならない。昨年後半の買収時期にNFAの登録ステータスの一部から退会したが、現在当局のレビュー待ちで保留状態である。

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement