CFHグループ、ボストン・テクノロジーズ社50%買収を再宣言:今後の連携に期待

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

CFH_clearing 前回、フォレックス・マグネイトが取り上げたCFHグループがボストン・テクノロジーズ社株の50%を買収し現在デューディリジェンス中であるニュースは多くの注目を集めた。当社リポーターはボストン・テクノロジーズ社CEOのGeorge Popescu氏からのコメントについても取り上げたが、今回はCFH社はのコメントを取り上げる。

boston-technologies-300-250 CFHグループがリリースした声明によると、同グループは、ボストン・テクノロジーズ社の50%の株式買収に変わりはなく、CEOのChristian Frahm氏との連携に期待している。また、同氏は「CFHグループは、ボストン・テクノロジーズ社の議決権と共にクラスB株式(現在デューディリジェンス中)と、Kevin Millien氏からBT Trading社(ボストン・プライム社の親会社)の普通株の買収を行います。当社が受け取った全ての情報によると、これは両社の議決権を有する50%となりますが、ボストン・テクノロジーズ社のKevin Millien氏とGeorge Popescu氏との和解の結果、当社はKevin Millien氏の持ち株が企業支配権を有さない1%以下となっている事と認識しています。」と述べた。

 さらにCEOのFrahm氏は「全株主の利益の為に行動するマネージメントチームの受託者責任が重視されます。主要株主として、同社の将来の方向性に影響を与えられる事と思っています。」と詳細を述べ、同氏は、このディールがCFHグループとボストン・テクノロジーズ社の両社にとって素晴らしい機会を構築する事を確信し、全株主と同社にとって最善の利益となるよう今後どのように連携していくかについてボストン・テクノロジーズ社のマネージメントと話し合っているという。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement