OANDA社、オーストラリア社設立、年内に市場シェア2倍を目指す

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

OANDA FX取引サービスのグローバルトッププロバイダーに属する、OANDA社は、プレスリリースで、オーストラリアのシドニーにオフィス開設を発表した。近年のアジア太平洋地域での大規模な拡大と、OANDAオーストラリア社のASIC認可を受け、同社は、競争の激しいこのマーケットでビッグ・プレイヤーになるというコミットメントを掲げてきた。既にこの数年でかなり大きな成長と遂げている。

 オーストラリアオフィスのマネージングディレクターであるLouis Cooper氏は、プレスリリースの中で、OANDA社は、オーストラリアに数千のアクティブ口座があり、2014年にはマーケットシェアを2倍に拡大する事を目標にしていると述べた。彼は、CMC Markets社のオーストラリアとニュージーランドのマネージングディレクターを務めた後同社に入社した。

 現地プレイヤーや、顧客獲得で大きな成功を収めているPlus500社のような新規参入業者が着々と設立されているオーストラリアのFXとCFDブローカー業界は非常に人気を集めている事から、OANDA社は困難に直面しそうだ。同社のオーストラリアにおけるマーケットシェアはまだ小さい事が、同社が高い目標を掲げた決定的な理由である。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement