FXCM社、2014年Q1と4月実績:取引高全体減少するが、法人日次取引数は顕著な増加

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

fxcm sq logo FXCM社は、2014年3月末締めの第1四半期実績と4月の実績を発表した。同社は、FXDD社の米国顧客買収もあり最近よく話題に出てきている。4月は、FX業界全体で見受けらるトレンドにあるように、FXCM社も取引高減少を示した。

2014年第1四半期ハイライト

  • US-GAAP収益は115百万ドル、前年同四半期の122.9百万ドルから6%減少。
  • 調整後プロフォーマEBITDAは24.6百万ドル、前年同四半期の43.8百万ドルから44%減少。
  • 調整後プロフォーマ収益は111.3百万ドル、前年同四半期の122.9百万ドルから9%減少。
  • 一株当たりの利益は、アナリストの予想0.12ドルを下回り0.07ドル。

4月実績:リテール部門ハイライト

  • 総取引高2,500億ドル、前月比14%減少、前年同月比32%減少。
  • 日次平均取引高114億ドル、前月比17%減少、前年同月比32%減少。
  • 日次平均リテール顧客取引数351,138、前月比18%減少、前年同月比30%減少。
  • 4月末時点の稼働座数192,605、前月比2%増加(+3342口座)、前年同月比2%減少。

4月実績:法人部門ハイライト

  • 総取引高1,850億ドル、前月比8%減少、前年同月比1%増加。
  • 日次平均取引高84億ドル、前月比12%減少、前年同月比1%増加。
  • 日次平均法人顧客取引数42,876、前月比14%増加、前年同月比88%増加。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement