マネックスグループ、4月取引高17.7%減少し333億ドル

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

Monex_Group マネックスグループは、4月の月次概況を発表した。

4月月次概況ハイライト

  • グローバルFX取引金額は、前月の405億ドルから17.7%減少し、333億ドル。
  • グローバルDARTs(1営業日当たりの収益を伴う約定/取引の件数)は、前月の340,766件から11.6%減少の301,205件。
  • マネックス証券の稼働口座数は、前月から2,317口座増加し、896,957口座。
  • マネックス証券の店頭FX稼働口座数は、前月の62,484口座から62,539口座へ増加。
  • IBFXを含むTradeStationグループの稼働口座数は、前月の83,167口座から650口座増加し、83,817口座。また、DARTsは、181,781件から15,322件減少し、166,459件。

 アナリスト達によるとボラティリティの低下が3月からの取引高減少トレンドの引き金となっている。一方、米国でのスワップ執行ファシリティや欧州でのEMIRレポーティングの規制が今年始めに施行された事や、現在も続く主要為替取引所ディーラーの調査が行われている事が、取引高の低下を招いたと推測するアナリストもいる。

 静岡銀行は、マネックスグループ株の20%買収を4月に発表し、また同月、同グループは、米国マサチューセッツ工科大学メディアラボへの参画も発表した。その後公開された2014年3月期決算での営業収益は54,700百万円で、前年比51%増加であった。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement