Compagnie Financière Tradition社の日本リテールFXビジネス大幅落ち込み

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

Compagnie-Financiere-Tradition-Logo-300x136 スイスで上場し、様々なアセットクラスでソリューションを提供ししているインターディーラーブローカーのCompagnie Financière Tradition社は、2014年第1四半期の収益を発表した。ParFX社やFXDD社を持つ同社の連結収益は25,100万ドル(22,160万CHF)で、前年同四半期の23,530万CHFから5.8%減少、通貨の為替変動を考慮しないと2.8%の減少であった。

 第1四半期中、ジョイントベンチャーの比例連結メソッドを使用した同グループの連結調整済み収益は、合計26,800万ドル(23,640万CHF)であった。また、インターディーラーブローキングビジネスは2.7%減少、日本のリテールFXビジネスは24.9%減少した。

 昨年第1四半期と比較したときの日本のリテールFXビジネス縮小の結果は、日本円の方向性が欠けている事を考えると、そこまで驚くべき事ではない。全体的に、同社の収益は年々減少傾向にある。

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement