トルコに学ぶ、政治・経済混乱時のFX取引への影響

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 東ヨーロッパ、中東、東南アジアにおける地政学的緊張状態とFRBのテーパリングにより、発展途上国は、今後幾多の経済的、政治的危機に苦しむ事が予測される。これらの大きな出来事は、法人、リテール両方のFX投資家の取引行動に影響し、その結果オンラインブローカレッジ業界にも影響する。

Flag_of_Turkey.svg_-150x150 トルコの金融当局がFXをアセットクラスとして認可し規制始めた2011年以降、トルコのFX業界はすぐさま再建し、現在では20社以上の業者が存在している。経済は一つとして同じものがなく、新興国の中でも外国資金の必要度が高い国の通貨である、ブラジルレアル、インドルピー、インドネシアルピア、トルコリラ、南アフリカランドを指す「フラジャイル5」に入るトルコは、次に何が来るかを示す良い事例となっている。

 取引高は未知なるものへの恐れによって減少するのか、それともなんらかの危機によって起こるボラティリティーで増加するのだろうか?国内外の投資家は、ニュースで取り上げられる国の通貨ペアに魅力を感じるのか、もしくは問題となっている地域以外への投資にシフトするのだろうか?これらの疑問はFXブローカーの実績に大いに関わる。

QIR1_2014 フォレックス・マグネイトの2014年第1四半期調査報告書では、世界のあらゆるところで起こる危機がFX取引高やトレンドにどのように影響をもたらすのかについて導きだす為に、最近のトルコにおける政治情勢の教訓やウクライナ問題について調査した。

 この他にも、興味深い特集記事や、多くのデータ等、2014年のFX業界を理解する為の情報を網羅し、FX市場のプレイヤーにとってマストハブな報告書となっている。

サンプル閲覧、ご購入はこちら

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement