静岡銀行、マネックスグループ株式19.54%を取得し、資本業務提携

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

Monex_Group マネックスグループは、静岡銀行が同グループの19.54%の株式を取得する事を発表した。この株式はマネックスグループの筆頭株主であるオリックス株式会社が保有する普通株式から56,223,300株(取得価額24,400,912,200円)を取得するものである。

 本契約では、マネックスグループと静岡銀行は両社が資本業務提携を行うことについて決議された。静岡銀行グループは、静岡銀行と、リース業務及び金融商品取引業務など、さまざまな金融機能を有する12社のグループ会社により構成されており、地域との共存共栄を目指すとともに、新たな成長機会の創出に向けて取り組んでいる。マネックスグループは日本をはじめ、米国や中国の規制下でプレゼンスを保有している為、両社は両グループの持つ経営資源を相互に活用して企業価値向上を狙う。

 本提携発表の中で、静岡銀行が今後、その所有割合が20%をわずかに超える程度となるよう、マネックスグループの普通株式を取得する可能性がある事も述べた。本提携前、2日の静岡銀行の株価終値は1,020円で時価総額は65.39億ドル、一方マネックスグループは11.14億ドルであった。

 オリックスグループにとって、今回のマネックス株売却は、マネックスの株価が2012年の最安値から約4倍の434円であったため、時宜を得た売却と言える。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement