勢力的な動きを示すモスクワ取引所、2013年年間取引高前年比22%増加

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

MOEX モスクワ取引所(MOEX)は、2013年の年間実績を発表した。

 全マーケットの合計取引高は1,336.5億ドル(449.4兆ロシアルーブル)で前年比から22%の大きな伸びを示した。収益は6億7,190万ドル(246.1億ロシアルーブル)を記録し、前年の5億8,811万ドル(215.4億ロシアルーブル)から14%増加した。この顕著な年間取引高はFXトレーダー数の急増マーケット全体のボラティリティー増加が大きく寄与している。

2013年総括

 2013年は、4億955万ドル(150億ロシアルーブル)を集め成功を収めたIPO、貴金属取引のローンチ、OTCデリバティブのクリアリングの開始、最高峰のテクノロジーとの統合により打ち出した12月の取引高最高値等、モスクワ取引所にとって様々なイベントがあった年と言える。

2014年の見通し

 同取引所CEOのAlexander Afanasiev氏は2014年について「2014年が始まり、ロシア市場は株価指数が下落すると共に高いボラティリティーを目にしてきました。当取引所はエクイティ、FX、マネーマーケット、デリバティブにおいて1月の取引高に目覚ましい増加がありました。2014年はプラットフォームの利便性をさらに高める事で取引高増加に引き続き焦点を当てていく予定です。また、高いコーポレート・ガバナンス基準を促進し続け、全てのロシア企業にとってのベンチマークを打ち立てます。」と語った。

moex_2013

2013年年間実績

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement