2月は業界全体で低迷:CLSグループ、取引高2.7%ダウン

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

CLS CLSグループが12日に2月の取引高を発表した。CLSに出された会員の日次平均FX取引数は、前月から5%減少し1,150,663であった。

 取引数の減少に加え、日次平均取引高も1月の5.29兆ドルから2.7%(1,400億ドル)減少しトータルで5.15兆ドルであった。

 この減少は、業界全体に見られる2月のトレンドであり、この背景には2月の少ない取引日や、日本円等の主要通貨における低いボラティリティが挙げられる。

 CLSグループは、最近Ken Harvey氏を次期取締役会長として任命し、2014年10月から任務に就く予定である事を発表した。

Source: CLS Group

ソース元: CLSグループ

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement