eToro社、1億トレード達成、コピートレーダー最新版はストップロスもコピー可能に

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

eToro eToro社は、先週始め、同社ブログにコピートレーダー2.0プロジェクトのイニシアチブの一貫として、2月16日(日)にストップロス・アライメント機能搭載等を含むコピートレーダー(Copy Trader)の新バージョンを発表する事を投稿した。

 同社は昨年5月に50百万トレード達成を発表しており、今回、コピートレーダーの新バージョン発表に加え、1億トレード達成を表したインフォグラフィックも発表し、引き続き成長し続けている事を示した。

 同社ホームページには、ダイナミックカウンターが設置され、リアルタイムでオープントレード数が確認出来る。14日時点では、総オープントレード数は1.16億に達していた。

Real-time counter of trades on eToro [source: eToro.com]

トレードのリアルタイムカウンター[ソース元: eToro.com]

 日曜日にリリースされたストップロスの新機能は、顧客がトレードをコピーするときに、コピーされた取引のストップロスパラメーターが同時に適用される。つまり、残高に関係なく、コピー元のトレーダーと同じストップロスレートがコピー取引に反映されるのである。

コピートレーダーのバージョンアップ

 その他の変更点には、下記機能の停止も含まれる。

  • 週末の全オープントレードをコピー
  • ストップロス、テイクプロフィットの編集
  • コピー取引の週末のキャリーオーバー
Paz Diamant, Trading Product Manager, eToro

トレーディングプロダクトマネージャーPaz Diamant氏

 このほかにも各種変更が加えられる。取引は引き続き手動でクローズ可能だ。

 最近同社に加わったトレーディングプロダクトマネージャーのPaz Diamant氏は、ブログ上で、同社が同システムの主軸となるロジックの一部を再設計する事が狙いとされたコピートレーダー2.0イニシアチブに焦点を当てており、顧客経験とサービスの品質向上を目指している。

 下記インフォグラフィックを見てみると、eToro社トレーダーの約5分の1が女性であり、モバイルでの取引は38%に上昇した事がわかる。また、使用プラットフォームの割合は、アンドロイドとiOSのアプリからが合計4%、Openbookプラットフォームは84%、ウェブトレーダープラットフォームからは12%であった。

excerpt of eToro Infographic for 100 Millionth Trade

インフォグラフィックから一部抜粋

1億トレード達成のインフォグラフィックの全容はこちら

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement