TRADOLOGIC社、CySECライセンスを取得、キプロスがバイナリー業者の“ホーム”へと確立される

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

cysec キプロス当局のCySECは、TRADOLOGIC社のバイナリーオプションブローカー、Novox Capital社が2月4日にCySECのライセンスを取得した事を発表した。

 このNovox Capital社のCySECライセンス取得により、少なくてもOptionXPとOptionBitの2つのTRADOLOGICバイナリーオプションブランドが営業する事となる。

 この進展は、キプロスのポジションそのものを、金融ブローカーとして規制されライセンス取得と営業所の設立を狙うバイナリーオプション業者達のホームへと押し上げている。2012年の5月にCySECが、バイナリーオプションブローカーにライセンスを発行し始める事を発表して以来、多くの企業が申し出ている。

 SpotOption社は、CySECのライセンス提供後すぐにライセンスを取得した最初のバイナリーソフトウェア開発業者であった。

 SpotOption社の競合であるTechFinancials社は昨年9月にライセンスを獲得、現在同社が展開するoptionfair社がそのライセンスを利用し、間もなく新たなイタリアのブローカーに提供する事となる。またこの他に現在エージェントライセンスを申請中のブローカーが3社いるという。TechFinancials社のフラッグシップ・ブローカーである24option社は、2013年7月以降、投資会社Rodeler Limitedに所有・運営されるブランドとなっている。

 今回、TRADOLOGIC社は、キプロスで規制されているバイナリープラットフォームプロバイダーの仲間に加わる事で、今後さらに多くのバイナリーオプションホワイトラベルブローカーが増えるだろう。

 TRADOLOGIC社CEOのIlan Tzorya氏は、フォレックス・マグネイトにバイナリーオプション・ソフトウェア・プロバイダーがライセンスを取得するメリットについて「バイナリー業界が提供するゲームの一部は金融サービスに当てはまり、またその一部はギャンブルの規制に当てはまります。我々は、当社クライアントに、彼らのニーズや展開したい市場を加味しながらこの両方のソリューションを提供しています。」と説明した。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement