FXCM社、2013年12月と通年の取引実績:法人部門強化の政策が奏功 驚異的な伸び示す

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

FXCM FXCM社は2013年12月と通年の取引実績を発表した。前年比ベースで全体の取引高は劇的に向上したが、12月は伝統的に減速傾向にあるように静かな月となった。

 特に注目すべきは、2013年の法人部門の年間取引高は前年から72%もの増加を見せたこと。2012年のLucid Markets社の買収により法人向けのFXアルゴリズム取引分野への参入や、2013年9月にはFaros Trading社の買収も行うなど、こういった戦略的合併・買収を通じて、法人部門を強化するFXCMの戦略は功を奏したことになる。

リテール部門(2013年12月、第4四半期、通年)

  • 総取引高2,720億ドル、前月比-12%、前年同月比+6%。2013年の第4四半期の間接ソースからの取引高は総取引高の46%を占める。
  • 第4四半期総取引高8,950億ドル、前期比-9%、前年同期比+1%。2013年通年では4兆1千億ドル、前年比+14%。
  • 日次平均取引高136億ドル、前月比-7%、前年同月比+1%。
  • 日次平均リテール顧客取引数370,350、前月比-4%、前年同月比-10%。
  • 12月末時点の稼働座数188,130、前月比0%(-267口座)、前年同月比―1%(-2,087口座)。

法人部門(2013年12月、第4四半期、通年)

  • 総取引高1,460億ドル、前月比-24%、前年同月比+83%。
  • 第4四半期総取引高5,150億ドル、前期比-11%、前年同期比+131%。2013年通年では2兆ドル、前年比+72%。
  • 日次平均取引高73億ドル、前月比-21%、前年同月比+74%。
  • 日次平均法人顧客取引数38,904、前月比+4%、前年同月比+244%。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement