【国内動向】東京金融取引所、11月の取引数量を公表

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 東京金融取引所(TFX)が、2013年11月の取引数量を発表した。くりっく365の取引数量は2,502,017枚で、前月比3.1%増、前年同月比38.8%減であった。USD/JPYはわずかな増加であったが、EUR/JPYやGBP/JPYの鋭い増加に支えられた。ここ近年の円安ユーロ高、円安ポンド高基調が取引を後押ししている。

 くりっく365の取引数量の増加が前月比で活発な増加を見せたのは、6月が最初であった。11月における取引数量の増加は、様々なブローカーからフォレックス・マグネイトによせられた景気の上昇の兆しを感じたという情報の裏付けとなった。日本におけるFX業界の全体像を把握するために、日本最大のリテールブローカーであるGMOクリック証券が発表する取引高にも注目すべきであろう。

TFX Click 365 Volumes (thousands of contracts)

くりっく365取引高(単位:1,000枚)

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement