NFA、Euro Pacific Holdings社を詐欺容疑で告訴

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 NFA(全米先物協会)は、Euro Pacific Holding社(以下、Euro Pacific社)と、首謀および関係が深いとされる同社のAlexander Craig Blum氏に対する追及を開始、11月7日(木)付で2件の個別内容に対する告訴を行ったことを発表した。

 今回の告訴内容を要約すると、NFAが主張しているのは主に、Euro Pacific社とBlum氏が他者に対して虚偽や詐欺を含む不正行為を働いた、もしくはそれらの行為を扇動した点、および、NFAに偽情報を報告した点である。

 Euro Pacific社は、協会への登録を必要とされる非NFA会員と為替取引を行ったこと、また、不十分な内容の開示書類を使用したことについても罪状を追及されている。

 本件の決着は裁判所の判断に委ねられるが、NFAは独自のガイドラインに沿った罰金規定を設けている。同規定によると、本件のような違反に対する罰金には戒告または非難の意味が含まれ、各違反に対して最高25万ドルの罰金が科せられる。6件の違反行為を行ったとして告訴されているEuro Pacific社については、NFA会員資格のはく奪または停止処分を受ける可能性もある。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement