【海外FXニュース】アルパリ社、グループ全体の9月取引高発表:8月を若干下回り2,600億ドル

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 アルパリグループは、14日、全子会社における9月の全取引商品の合計取引高が2,600億ドルであった事を発表した。

 8月は多くのブローカーがサマーホリデーの為に取引高低下を示した中、同グループは最高取引高2,800億ドルを樹立しており、9月の数値はこれを僅かに下回る結果となった。

 この8月からの低下は、米国における新しい戦略やドイツオフィスの再構築といった最近のイベントに起因しているが、9月取引高は前四半期の3ヵ月の平均取引高2,630億ドルに近い数値を記録している。

 前回、アルパリRU社の9月取引高が、前月比僅かな減少が見られたが、前年同期に比べ61%増加したという記事を取り上げた。アルパリRU社は、アルパリグループの実績に最も貢献している。アルパリグループは今年8月まで6ヵ月連続で取引高を更新し続け、堅調な2013年を送っている。

 新たなECNテクノロジーを採用したアルパリUK社は、顧客増加と取引高向上を見込んでおり、今後の動向が興味深い。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement