【海外FXニュース】ゲイン・キャピタル社、9月の取引実績を発表:リテール取引高前月比5.5%増加

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 11日、ゲイン・キャピタル社は9月の月間実績を発表した。前月の8月と比較してOTC取引は増加を見せた。この実績には、9月24日に正式に買収を完了したGFT社の数値も含まれている。

 9月のリテール取引高は1,299億ドルで、前月(8月1,232億ドル)比5.5%増、前年同月比では40.5%増加であった。この合計取引高にはGFTの取引高数日分が含まれており、これを除くとリテール取引高は僅かに減るが、日次平均取引高は高くなる。

 2013年は多くの業界参加者のとって全体的に上向きな年であり、大半は昨年の取引高減少から回復を見せている。ゲイン・キャピタル社もその例の一社で、同社はGFT社買収の話が挙がってから5か月後の今年9月に4,000万ドルでGFT社の買収を完了した。

リテール部門:『日次平均取引高の回復』

  • 9月のリテール取引高合計は1,299億ドルで、前月(8月1,232億ドル)比5.5%増、前年同月比では40.5%増加。
  • 日次平均取引高は62億ドルで前月比10.5%増加、前年同月比38%増加。
  • 稼働口座は105,536口座で、前月比61.6%増、前年同月比78.4%増加。
    ※GFT口座が含まれている為、口座数の伸び率が顕著である。
  • DARTs(日次平均収益取引)は前月比17.6%減の11,354枚、前年同月比8.1%減少。
  • 9月末時点の有金口座数は131,068口座、前月比38.9%増、前年同月比59.0%増加。

法人部門:【FX取引高前月比3.1%増加】

  • 法人取引高合計は、2,789億ドル、前月比3.1%増、前年同月比51.6%増加。
  • 日次平均取引高は133億ドル、前月比8.1%、前年同月比36.6%増加。

同社によるとこのデータは、暫定である補正される可能性もある為、同社の財務実績の指標ではないとの事。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement