CLS銀行、8月の取引高が5.8%減少

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 外国為替決済のリスク軽減措置を提供するCLS銀行が、8月の取引実績を発表した。同行によれば、取引量と金額の両面で取引が減少したことが明らかとなった。

 8月の日次平均取引高は、決済とアグリゲーション・サービスを併せて109万3,565枚で、前月の116万857枚を5.8%下回った。また、日次平均取引額は、4兆4,900億米ドルで、前月の4兆7,000億米ドルを4.5%下回った。

ソース元:CLS

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement