TradeRush社、ビットコインのバイナリーオプション取引を導入

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 バイナリーオプション取引業者であるTradeRush社が、ビットコインのバイナリーオプション取引の導入を発表した。キプロスに拠点を置くTradeRush社は、SpotOption社から技術提供を受け、ビットコインのバイナリーオプション取引を行うことになる。業界ではAnyOption社に次いで2番目の規模となった。フォレックス・マグネイトの2013年第1四半期リテールFX市場調査報告書で、TradeRush社は月間入金金額でバイナリーオプション取引業者のトップ5社に入っている。

 ビットコイン取引を導入するにあたって、TradeRush社は「ビットコイン取引は電子通貨を評価するものであり、取引相場は絶え間なく変動し、流通量もかなり増加している。こうした理由から、ビットコイン取引の人気が市場で高まっている」と指摘する。

 フォレックス・マグネイトの過去の記事には「現在のビットコインの価格設定によって、FXや上場投資証券の代表的なマーケットデータの基準に満たないビットコインの価値が増大し、また待ち時間がかからなくなったこともあり、バイナリーオプション取引はビットコインを取引する際の最も安全な選択肢になったといえる」とある。さらに、バイナリーオプション取引業者は長期契約を利用することで、裁定取引のシナリオを減らすことができるようになった。TradeRush社によるビットコイン取引の導入は、SpotOption社が自社技術をより広い顧客基盤に対してホワイトラベル提供することにつながるだろう。したがって、近い将来さらに多くのバイナリーオプション取引業者がビットコイン取引に参加していくことが予想される。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement