CFTC、NADEXの米大統領選に絡んだバイナリー取引を認めず

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

CFTCは正式に、ノース・アメリカン・デリバティブ・エクスチェンジ(NADEX)にゲーム性を利用し政治的イベントに絡んだバイナリーオプション取引却下した事を発表した。

ワシントンDC
米商品先物取引委員会(CFTC)は商品取引所法セクション5c(c)(5)(C)(ii)とCFTC規則40.11(a)(1)に従って、NADEXに政治的要素が絡んだデリバティブ商品の取り扱いや取引を禁止した。
この商品は今年行われる米国連邦選挙の結果に基づいて支払いを行うバイナリーオプション取引である。

NADEXは2011年12月19日にこの取引を申請し、2012年1月3日にCFTCはCFTC規則40.11(c)に準じ、この取引について90日の審査を開始した。審査の結果、CFTCはこの取引は賭博要素を含み、公共の利益に反すると判断し、取引商品として承認しなかった。また別紙の通知にて、CFTCはNADEXによって提出されたこの商品の取引を可能にする規則改正案に関する自己証明を取り下げるよう要求した。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement